青汁の効果はコレステロールにも・・・

野菜とキノコの写真

コレステロールには、善玉と悪玉とに分ける事ができます。

善玉コレステロールは、カラダの中の不要なコレステロール、血管の壁に付着したコレステロールを剥がすという働きがあります。

一方、悪玉コレステロールは、増えすぎてしまうと活性酸素により酸化し、サビのうになります。そして血管に付着し動脈硬化や心筋梗塞を引き起こしてしまうおそれがあります。

そこで青汁に含まれる抗酸化成分が活性酸素によって、悪玉コレステロールが酸化してしまうのを防ぎます。更に青汁に豊富に含まれる食物繊維がその増えてしまった余分なコレステロールを除去してくれるのに効果的です。

健康診断でコレステロール値が高いと診断されてしまった方は、是非青汁を試してみてください。しかし、青汁はあくまで健康補助食品であることを忘れず、食生活から見直す事も大切です。コレステロール値を下げる為には、緑黄色野菜、大豆、キノコ類を摂取するのと、脂分や塩分を控えることを心がけましょう。

青汁を選ぶ際、大麦若葉が原材料となっているものを選ぶと効果的かもしれません。その理由は大麦若葉に含まれるヘクサコシルアルコールがコレステロールの吸収を抑えるはたらきがあるからです。

また青汁は、一度飲んだだけで効果を実感できるものではなく、継続的に摂取によって効果を得られることを覚えておきましょう。

このページの先頭へ

国の金融政策